« “Completion”mania | トップページ | “Hibernation”mania »

2017年3月 6日 (月)

“Recovery”mania

こんばんは、slamanianです。

もう3月ですね。

そろそろバイクシーズンもスタートということで、久々にトランポからE4をおろしてエンジンをかけてみましたが、流石にバッテリーが少し頼りない感じです。

特に旧車は、オルタやレクチの機能低下はもちろんのこと、ハーネスやリレー、そして灯火類自体の経年劣化による通電抵抗の増加もバッテリーに負担を掛けているようです。

人体で言う『動脈硬化』ってヤツでしょうか。

そこで、今日は灯火類の交換をして少しでも通電の抵抗を下げてみることにしました。

Img_1285

まずは、テールレンズを外してストップランプとナンバー灯を交換します。

ストップランプは、純正と同様の23/8Wとしましたが、ナンバー灯は消費電力の削減を狙って純正の8Wから5Wに変更してみました。

Img_1287

灯火の交換自体はいたって簡単なのですが、如何せんシートテールカバーを付けたままだとカバーのモールを巻き込んでしまってレンズの取り付けが上手く出来ないことから、結局清掃を兼ねて一旦全てを外すことにしました。

Img_1290

次にヘッドランプのバルブ交換です。

純正のスタンレー製(右)からPIAA製の同等製品(左)へ交換しました。

Img_1294

ヘッドランプは、何事も無くスムーズに交換作業完了です。

昨年は、リレーと全てのターンシグナルをアッセンブリーで交換したので、灯火類に関してはメーター及びインジケーター部分を除いて全て新品に交換したことになります。

結果はというと、狙った通り各灯火の光量アップとウインカーの点滅速度の適正化を図ることが出来ました。

灯火は普通切れなければ中々交換しませんが、旧車を維持していく為には仕方ありませんね~

では。

« “Completion”mania | トップページ | “Hibernation”mania »

バイク」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
私のゼファー750君もすでに旧車の仲間入り・・・電装はとりあえず、ヘッドランプのレンズはクリアタイプに変更しましたが、バルブなどは特に何もしていませんでした。私も全交換しようかな。
車体は、Rサスとチェーン、スプロケット、ハンドルは社外品ですが、改良目的ではなく、ノーマル部品が入らなくなったためです。
そんな中、転倒もしていないのに、ガレージ内でリヤのウインカーが経年変化で折れ曲がる珍事に会い、純正品に交換しましたが、こちらも在庫が切れそうです。
先日もドレーン穴のねじが壊れて交換したオイルパンは、メーカー在庫最後の1個でした。
なんだか、走るよりも修理している時間の方が長い気がしています。
旧車って大変ですね。あ!スラマニアンさんのはスペシャルだから、私とは苦労するところが違うのかな~

お面ライダーVツイン 様

ご無沙汰しております。
そうですか、ゼファーさえもう旧車なのですね~
もちろん小職のGSXも御多聞に洩れずパーツ欠品は多いので、改良というより他車種のパーツを流用しながら何とか乗れるようにしている感じです。
ですから、インパルスや400S刀のパーツリストは必須です。
欠品は旧車乗りの宿命ですから流石にもう慣れました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “Completion”mania | トップページ | “Hibernation”mania »