« “Breaks”mania | トップページ | “Container”mania »

2017年8月12日 (土)

“Restoration”mania

こんばんは、slamanianです。

お盆休みは如何お過ごしでしょうか。

さて、私事にて恐縮ですが、先月の転倒から既に三週間が過ぎたものの、未だに肩(腱板)が痛くて右手が上がりません。

出来るだけ動かさないようにしているつもりですが、利き手ということもあり気が付くと痛いながらも動かしてしまっているようです。

これが普通なのか、それとも治りが悪いのかわかりませんが、少々焦ってます。

また、バイクの方ですが、時間を見つけては破損した部品を少しづつ外していたものの、どうしても折れ曲がったスライダーの貫通シャフトを抜くことが出来ず、今回は思い切ってショップにお任せすることにしました。

Img_1437

作業をお願いしたのは、いつもお世話になっているこちらのショップ、東京都調布市にあるW.FOOTさんです。

3型カタナの専門店的?なお店ですが、その知識と技術は高く、いつもこちらのニーズに応えて頂き大変助かっております。

Img_1438

Img_1451

フロント周りは、タコメーターも含めて殆どアッセンブリーでの交換です。

なお、毎回車検時に苦労するヘッドランプの光量不足と発電機能、そして以前slamanianが適当にやったインジケーターの配線もしっかりと見直してもらいました。

Img_1439

既に絶版となっていて諦めていたフレームスライダーも、わざわざシャフトから造り直して頂き、無事装着することが出来ました。

Img_1440

リアビューもご覧の通り、いい感じです。

Img_1442

Img_1453

そして、ついでという訳ではありませんが、以前よりいつかはやろうと思っていたヘッドカバーのポリッシュ加工。

ピカピカのバフ掛けではなく、あえてヘアラインを残して純正っぽく仕上げてもらいました。

艶消しのクリアを吹くのがポイントだそうです。

Img_1448_1

更に、E4の純正オイルタンクから3型カタナの純正オイルクーラーへ変更。

従来よりアールズ等の社外品はありますが、この純正のフィット感とオイルラインの安心感にはかないません。

また、これだけコアの潰れもなく塗装の剥がれていない純正のオイルクーラーをはじめて見ましたが、なんと無料で頂戴してしまいました。

引き取り後は、ハンドルやレバー、左右スイッチの角度調整、そして前後ブレーキオイルの交換などを行ましたので、とりあえずはこれでいつでも走れる状態です。

あとは、折れた心と骨、そして切れた腱の回復待ちですね。(^-^;

では。

« “Breaks”mania | トップページ | “Container”mania »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “Breaks”mania | トップページ | “Container”mania »