« “Something old”mania | トップページ | “Grind”mania »

2018年2月18日 (日)

“Patchwork”mania

こんばんは、slamanianです。

昨日今日と風が冷たいですね。

そんな中、今日は先週の続きで、マフラーの取り付け作業です。

前回分割に苦労したマフラーの集合部ですが、ラスペネとプラハンで悪戦苦闘しながら何とか外し、その後サンクチュアリー本店さんへ無事持ち込むことが出来ました。

Img_1524

その間に、差込口やフランジ、フランジナットをそれぞれ点検方々の清掃しておきます。

Img_1530

カーボンや錆はもちろんのこと、その他焼き付き痕が結構あったので、ここまで仕上げるのに意外と時間がかかりました。

Img_1528

こちらも穴が開くほどではないですが、ガッツリ削れていますし、錆もあります。

まぁ~、製造されてから30年以上ですからこんなものでしょうか。

しかも、今現在も使用していますしね。

Img_1537

ついでに、普段手の届かないシリンダー側も清掃して、新しいガスケットを予め装着しておきます。

Img_1532

修理が完了し戻ってきたマフラーを早速組み立ててみましたが、エキパイの底部も結構擦ってますね。

Img_1539

そして、いよいよ車体へ取り付けます。

均等にフランジボルト締め込みながら、最後はオーバートルクにならないようトルクレンチを使用します。

フランジボルトは8mmなので、締め付けトルクは100kg・cmとしました。

Img_1541

Img_1542

そしてこれが、今回の修復箇所です。

費用は、税別の8,000円。

本来であれば、溶接で薄く肉盛りし違和感が無いように仕上げるらしいのですが、再度転倒することを考慮し、あえて厚めのアルミ板でパッチワークにしてもらいました。

何だか、いかにも「転倒して削れたので直しました」みなたいな感じですが、見た目よりも機能性重視ということでご容赦ください。

最後にエンジンをかけ、排気漏れが無いことを確認して本日の作業は終了です。

では。

« “Something old”mania | トップページ | “Grind”mania »

Motorcycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “Something old”mania | トップページ | “Grind”mania »