« “Genuine style”mania | トップページ | “Cloudy sky”mania »

2018年5月26日 (土)

“Bump stopper”mania

こんばんは、slamanianです。

先週の金曜日に実施したE4とハイエースの同時車検。

Img_0028

Img_0029

1クール中に二台を車検ラインへ通すのは流石に少々疲れました。

一応二台とも無事継続検査が完了しましたので、本日は前回の整備時に発覚したハイエースのバンプストップラバー交換です。

Img_0035

これが今まで装着していたバンプストップラバー。

特に向かって右側のフロント用は、外すときボロボロに砕けてしまいました。

メーカー推奨の交換時期(耐用年数)は2年程度らしいのですが、これは恐らく6年以上使用していたかと思います。

そういう意味では、かなりヤバい状態だったので、この機会に気が付いて良かったのかもしれません。

3681

3841

これが、今回取り付けた玄武製の前後バンプストップラバーです。

リアは、単純に交換するだけなのですが、問題はフロント。

3687

今まで装着していたオレンジのシリコンタイプは、高さが35mmだったので、一見今回の玄武製の方が高さはあるのですが、ラバーの硬度が二層構造になっている関係上、フルバンプ時のタイヤのフェンダータッチが少々心配です。

3689

10241

そこで登場するのが、このアジャストプレート。

3mm、5mm、7mmの3種類のプレートがあり、単独、または組み合わせによって7段階の微調整が可能なんです。

Img_0049

リフトアップした状態。

Img_0057

これが1Gの状態です。

slamanianのハイエースは、3インチ弱ローダウンしているので、5mmのプレートでバンプタッチまで1cmあるかないかという感じでしょうか。

この後100km程度走ってみましたが、フェンダータッチはもちろんのこと、変な突き上げも無く今まで以上に快適でした。

こうなると、次はリバンプストッパーや強化トーションバー、強化スタビなども気になってしまいますね。

では。

« “Genuine style”mania | トップページ | “Cloudy sky”mania »

TOYOTA HIACE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “Genuine style”mania | トップページ | “Cloudy sky”mania »