カテゴリー「Movie」の投稿

2017年7月18日 (火)

“Intense heat”mania

こんばんは、slamanianです。

連日暑いですね~、老体にはこたえます。(^-^;

こんな酷暑続きの中、去る7月16日に練習会を開催しました。

Img_1388

Img_1389

朝の集合の時点で気温は既に30℃オーバー、そして日中は35℃を記録。。。_ノフ○ グッタリ

それでも大変多くのみなさまにご参加頂き、各セクションを一日中走り込んでいらっしゃいました。

Gcxa2_std

そう言えば、今回から導入した上記のアクションカムですが、使い勝手も含めてなかなか良かったです。

撮影中はモニターが自動的にオフになることから、バッテリーの消費が旧モデルに比べて格段に少なくなりましたし、レンズも広角になった分、映像でのスピード感が少し増したように思います。

気になる方は、ホームページのオープニング映像にてご確認ください。

また、いつもの追走動画とは別に、追走動画の撮影風景を撮ってもらいました。

slamanianも初めて見ましたが、これはこれで結構面白いアングルですね。

では。

2017年6月25日 (日)

“New item”mania

こんばんは、slamanianです。

さて、先日開催したスクールでは、開催前日に突然アクションカムが壊れてしまい、いつもの追走動画の撮影をすることが出来ず、楽しみにしていたみなさんにはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。

そこで、まずは修理かと思いメーカーに問い合わせたところ、基盤へのダメージが予想され、その場合は最低でも1万円以上の修理代がかかるとのこと。

購入から既に5年以上経っており、最新機種と比べるとスペック的にも低い為、今回思い切って買い替えることにしました。

購入候補は下記3商品の中の何れか。

Gcxa1_std

①JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1 参考価格:24,200円

今まで使用していたモデルです。

当然生産完了モデルですが、アマゾンでは未だに新品での入手が可能なようです。

Gcxa2_std

②JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA2 参考価格:39,800円

GC-X1の後継モデルです。

スペック的には十分ですが、なんとこちらも既に生産を完了しており、現在流通在庫のみとのこと。

更に人気があるらしく、アマゾンでも品薄状態が続いている様子。

Hdras300_003

③SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300R) ライブビューリモコンキット。参考価格:48,780円

スペック的には、上記2機種を凌ぎ、更に本体の軽さも含めて大変魅力的なのですが、アタッチメントや予備バッテリーの追加購入などを考えると、本体以外にもかなりの出費になりそうです。

Img_1373

費用とスペックを熟慮した結果、今回は②JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA2に決定しました。

Img_1374

それでも国内正規品は結構な価格です。

その為、更に諸々調べたところ、海外輸出モデルがわずかながらに存在し、取説が全て英文記載、並びに保証書なしで構わなければ、新品でも比較的割安に購入出来ることが判明。

早速あちこちのサイトを探し回って、最終的に24,800円で購入しました。

Img_1380_2

商品到着後に動作確認をしてみましたが、アタッチメントやバッテリーは予想通り従来の手持ち品がそのまま使えましたし、メーカーサイトでは日本語の取説も閲覧可能なので、特段困ることはありませんでした。

これで次回開催時より、またご参加頂くみなさんの追走動画の撮影が可能となりました。

もちろん、追走出来ればのお話しですが。。。

では。

2016年6月23日 (木)

“Chase”mania

こんばんは、slamanianです。

本格的な梅雨時期ですが、先週末は珍しく天候に恵まれて、無事【Moriya Stage】を開催することが出来ました。

また最近は初めてご参加頂く方が多く、毎回新しいスラマニメンバーが増えているようでうれしい限りです。

そんなみなさんのライディング技術向上に少しでも役立てて頂く為に実施している追走動画の撮影。

スクール終了後には、ご本人しか閲覧出来ないようYou Tubeに限定公開させて頂いております。

ただ、コーススラロームの練習中にカメラを付けたslamanianが後ろに並ぶと『焦って上手く走れませんでした。』とよく言われますが、実は追走しているslamanianも結構必死なんです。(^-^;

Dsc02952

アクションカメラには、走行中見れるモニターやズームがある訳ではないので、ヘルメットの角度と被写体との車間をある一定の範囲内に保持していないとすぐにフレームアウトしてしまいます。

ちなみに下記の動画は、追走動画を撮影しているところを追走して撮影してもらいました。(なんのこっちゃ?)

https://youtu.be/ZWkcDgNqBd0

もう必死で走っています、しかしついて行けてません。(;ω;)

ん~、困ったもんだ。。。

では。

2014年11月22日 (土)

“Onboard”mania

こんばんは、slamanianです。

ここ数日の間でめっきりと寒くなりましたね。

毎朝の通勤では、もうコートが手放せないくらいです。

Img_0264

先週の日曜日は、大変多くの方にご参加頂き無事練習会を開催することが出来ました。

朝は結構冷え込みましたが、日中は風もなく穏やかで絶好の練習日和になったこともあり、100km近く走り込んだ方もいらっしゃったようです。

さて、ご承知のとおりスラロームマニアでは、練習会終了後に参加者の皆様お一人毎に「追走動画」を限定公開にてご案内させて頂いておりますが、たまにはこんな「後方動画」もおもしろいですね。

ローアングルからですと結構迫力もあります。

但し、撮影する側にとっては後続車両が接近し過ぎないよう、またフレームアウトしないよう常に一定の車間距離を保ちながら走る必要がありますので、追走以上に気を遣いますし、撮影車両自体の排気音や振動の対策も必要そうですね。

課題は諸々有りますが、新たなバリエーションとして検討してみたいと思います。

では。

2012年11月12日 (月)

“Movie”mania

こんばんは、slamanianです。

昨日は、先日購入した“スポーツカム”の実践テストをしてきました。

会場はいつもの王子自動車学校で行われる三署合同のサンデーバイクスクールです。

Dsc00017

前走車両との距離やアングルを色々試しながら撮影したのがこんな感じです。

http://youtu.be/gxLORYBZ-ak

前走車両との間隔は、概ね車体半分から一台分程度、旋回時のライン取りはタイヤ2~3本分外側といった感じでしょうか?

単純に追走するだけですと、すぐに寄り過ぎたり、逆にフレームアウトしたりと上手く撮れないので、常に前走車両との距離やコース

レイアウト考えながら走らないといけないようです。

Dsc00018

カメラの取り付け角度についても物理的に目一杯上向きにしましたが、それでも全体的なアングルはちょっと下向ですかね?

ん~ 難しい。。。

2012年10月21日 (日)

“Movie”mania

こんばんは、slamanianです。

さて、この週末に一つ買い物をしてしまいました。

ジャ、ジャーン!
Dsc00012

そうです!“スポーツカム”というモノです。

海外品も含めて、使い勝手や機能性、価格等々調べた結果、このJVCのGC-XA1-Bを選びました。

また、設置場所もハンドルやタンクと試してみましたが、やっぱり多くの方がそうしているようにヘルメット上部が一番良さそうです。
Dsc00013

で、早速撮影してみたのがこんな感じ。。。 

http://youtu.be/1wPMcl9-Gho

ちょっとイマイチですね。

もう少し撮影機能の使いこなしと動画の加工精度を上げられれば、次回のスラマニに投入したいと思います!

2012年5月30日 (水)

“You Tube”mania

大変ご無沙汰しております、slamanianです。

さて、ホームページにもリンクしましたが、今更ながらやはり“動画”というのは本当に面白いですね。

あたりまえのことですが、自分の走っている姿というのは普段見ることが出来ないので、ある意味衝撃を覚えます。

ちょっと前までオンボードカメラといえば、F1やmotoGPの専売特許でしたが、機材(カメラ・記憶媒体・バッテリー)の性能向上や

小型化、低価格化はもちろんのこと、撮った映像をすぐにサイトに掲載出来きることからも、本当に便利というか凄い時代になっ

たものだとつくづく思います。

近い将来、参加者全員がオンボードカメラを装着するかもしれませんね!

凄い事になりそうでちょっとこわい。。。

追伸>
どれがいいのかな?

http://www.1comcom.com/n_motorcycle.htm

その他のカテゴリー